読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aekam’s blog

日々の記録。yogic life

Bali, day 7

12/31

せっかくウブドに来てるしということで、早起きしてヨガバーンへ。ゆっくり身体を目覚めさせるモーニングフローのクラスに参加。ビックリするくらいに強ばっていた股関節がようやく開放された。
有名なスタジオなだけあり、カフェやエステなども併設されておりすごく贅沢な施設…溢れる西洋人ヨギに若干圧倒されながらレッスンを後にした。


朝食後、ブリルキサン美術館へ。
ここは1930年以降のバリの近代芸術(主に絵画)が展示されていて、伝統画法から西洋絵画の影響を受けて展開されてきたバリ絵画の変遷が見られる。
細い主線に陰影をつけた繊細なバリの絵スタイルは描写が本当に細かくて、アジアならではの緻密な仕上がり。間近でながめていると飽きない。人や動植物などの主体のまわりにぼんやりと影がついているので、全体的にしっとりとした夜を感じさせる絵となっている。

1つの展示場では、そういったバリ絵画のスタイルはそのままに色づかいや描写物など現代的な要素を交えた最近の画家の絵が沢山見られ、伝統が現代文化へと展開している様子が大層興味深かった。お金と飾る場所さえあれば一枚くらいほしいくらい。

緑溢れる庭のある、コンパクトながらも開放感に溢れた素敵な美術館だった。地域の文化や歴史を集積した博物館を訪問すると、その地への理解と愛着が深まる。

この日はかなり暑くて、旅行疲れもあいまってかなりグロッキー。
昨日感動したtukiesのココナッツアイス(これまで生きてきた中で一番美味しい!)で身体を休めた後は早々とホテルへ帰る事に。



f:id:aekam:20160102093259j:plain



その前にヨガウェア店ru:gu にたちより、昨日購入してその着心地の良さに感動したレギンスを新たにお買い上げ。ウブドはヨガウェア店が溢れているけど、そのほとんどがゆるゆるシルエットだったりくすんだ色合いだったりであまり好きになれない中で、ここの製品はよく延びて身体にどこまでも馴染むシルエットとクールなデザインがとても好み。何も履いていないかのような柔らかさ、でも余計な肉感は拾わない高機能な生地、サイコウ。とても気に入った。

夜からは少し外に出て、西洋人で賑わうダイニングを冷やかしながら年末気分を味わう。ゆっくり食事をとって21時30分頃に店を出ると町は入店前よりだいぶ賑わいを増していて、ダンスミュージックや花火に爆竹があちらこちらで鳴り響き、カウントダウンに向けて盛り上がっていた。

我々はホテルのプールサイドで花火を遠目に眺めがら年越し。あっという間に2015年が終了した。新年おめでとう。