aekam’s blog

日々の記録。yogic life

38w マイソール練おさめ

予定日も近いので産前のマイソール練通いは38wで一旦終了🙏

 

妊婦中の練習はもちろん以前と同じようにはいかないけど、日々変化する身体にあわせて自分なりのヨガを継続し、練習を通して常に自分の身体や心と向き合う時間をもてたおかげで、ありがたいことに比較的平和で穏やかな妊婦生活を、淡々とした心持ちで送れてる気がします。

 

腰痛や関節痛等もなく心配してた体重増加もおさえられてるのは(注、今のところ)このおかげでもあるのだろう。

身体が元気だと心も元気。

 

そして何より良いコミュニティで良い人たちとの交流を続けられてることが、自分のペースを保つことに大変役立ってる◎
練習の度に体調の気遣いや前向きな言葉をかけていただいたり、日の当たる最前列は外してもらったり🌞
ありがたいことです。


無事の出産報告できますように。

 

産後の練習再開はいつになるかな~
もうこれまでのように自分の自由な練習時間を持つことは難しいだろうけど、自分なりのヨガとの関わり方を模索確立していければ良いな。


f:id:aekam:20180908124436j:image f:id:aekam:20180908124518j:image

 

臨月バックベンド。子が産まれたら見せてあげよう( ^ω^ )
左38w,右37w。写真は1週間違いだけど、お腹の大きさけっこう違うなぁ。

妊娠と自然災害

自然災害の多い今年。最大といわれた台風21号の備忘録。

 

幸い風雨被害はそこまでなかったものの、居住市は広域にわたって停電が発生し、我が家も停電断水8時間半。
呑気にしててお風呂の水張りを失念していたのは最大のミス。
幸い飲料水は備えていたものの、生活用水確保にてんやわんや。夫に近所の公園に水汲みへいってもらい(1つだけあった非常用水袋が素晴らしく役に立った、追加購入しておこう)、明るいうちに必要なものを一まとめにし、あとはひたすら復旧を待つ。


寝ようにも暑さで眠れず、暑くて気持ち悪くなりかけたところで幸い地域の電気は復旧。でも市内は2日経っても停電続行中の地域も多いようだった…。早く元通りになりますように。

 

この前の地震も豪雨時もそうだったけど、緊急時に先行きの見えない中で色々考えて行動するって予想以上に心理的ストレスがかかる。いずれの災害後も翌日は脱力感半端なかった。


まだ大人だけだったからよかったけど、これが子供もとなるとどうなることか…妊娠中の事でまだよかった。新生児がいる中でこれはかなりきついな(ToT)

 

いつ何が起こるかわからない。何が起きても臨機応変に柔軟な判断、対応が下せるように正しい知識をつけ、物を備える自助力の向上は何より大切だと思った。

 

 

小2の頃の台風停電の思い出。クリスマス用のキャンドル(きれい)を灯し、後に我が家で「停電スパ」と呼ばれるようになる海苔なめ茸和えパスタを作ってくれた母のお陰で、不安な状況ではあっただろうに、怖い思い出は全く無い。


当時は父もおらず母のみ世帯だったのに、そして母も今の私と同じくらいの年立ったろうにと思うと、ホント母強し…。 親が子に与える影響は大きい。わたしもできるだけシャンとしとかなあかんなぁと思った。

 

写真はそんな話を聞いた夫が灯したアロマキャンドルと彼の非常食のペヤング です。


f:id:aekam:20180906170349j:image

 

夫といえば、今回一番痛感したのは夫の防災教育の重要性だったかも…


台風の日もひたすら会社の業務状況を確認し続け(気になって確認してるだけ、自分は出勤/対応必要性も無いので全く必要無い行動)(そもそも貴重な電池の無駄遣い)、家中の灯りや非常用水、電池の存在位置も把握しておらずで(毎日目にする場所にあるのに)かなり残念だった。

一家の長と言われる立場なんだから、こういうときこそ想像力働かせて主体的に動いてほしいもんだわ。

正産期 38wを目前にして

早いものであっという間に正産期、いつ産まれてもいい時期に突入。


産休にはいってから一月半が経過、あっという間。のんびりしながらも日々掃除整理をしたり(家中がどんどん綺麗になるのが快感、まだまだだけど)、今のうちに会いましょうなありがたいお誘いで美味しいものを食べに行ったり、テレビで高校野球を見たりと、出産直前のモラトリアムを満喫している。

 

早く出てきて欲しいような、まだまだこの最後の自由期間を満喫したいような、不思議な感じ。

 

産休にはいってから&妊娠後期の体調や体重増加を心配していたけど、ありがたいことに驚くほど健康妊婦。


マイソール練にも復帰して、宅練もわりかしちゃんとするようになってから身体の調子が明らかによい。今のところお腹の張りや足のむくみ、つり、間接痛etcといった妊婦のトラブルもほぼゼロで、身体の調整の重要性を認識するばかり。
普通に小走りできるし、片足立ちも苦じゃないし、なんだか元気な臨月の日々…母体が元気だと子も居心地良いかなぁ。そうであることを願う。

 

アサナの練習は日々変化していく自分の身体や心と向き合う事ができる貴重な機会。身体が元気だと心も健やか。妊娠してからも自分と向き合う時間をちゃんと保てた事が、ここまで比較的淡々と平和に過ごせた原因だと思う。

出産や子育て、これからの生活変化はもちろん不安も大きいけど、その時々の波にうまく乗って、自分らしい形を作り上げていきたい。

 


f:id:aekam:20180903220503j:image


ヨガがもたらす女性への妊娠~出産への影響について勉強中。この本、良い!

31wマタ旅のような③

産休いただいてすぐの頃、夫も夏休みをとって一泊二日で温泉へ。
姫路市街地から少し離れたところにある温泉。昔ながらの温泉旅館に数年前増設された離れ宿に。
露天風呂付部屋、おしゃれー。
加えて大浴場+貸切風呂もある♡



f:id:aekam:20180805133102j:image


食事は旬の食材を何やらおしゃれにアレンジした創作懐石。全て自家栽培のお野菜が特に甘くて濃くて美味しかった。

い草の香るお部屋で緑山を眺めながらゴロゴロ、温泉でのんびり、美味しい食事に舌鼓。幸せな2日間だったー。


f:id:aekam:20180805133140j:image

朝ごはんもごうか

 
翌日は近くにある大好きな播州かりんとう直売所へ。驚くほど安い。夢の宝庫である…


f:id:aekam:20180805133033j:image


そしてせっかくなので、祖父のお仏壇参りもかねて伯父宅へ。前日にいって急にお邪魔したにも関わらず、お寿司やらお土産果物やらでさんざんおもてなしいただき嬉しいやら申し訳ないやら💦
小さい時からいつも惜しみ無く愛情をくれる伯父伯母には感謝しかない。同い年の従兄弟の奥さんのお腹には二人目の子がいて、同級生の息子さんができる予定。
長男さん+私のお腹の子と3人男の子、来年から賑やかになりそうだね。


思い出すと自分の小さいときの楽しい思い出はほとんど祖父母、伯父宅で過ごした出来事ばかり。
うちの子にもそういう思い出を作ってあげられてらよいなー。

うだるような暑さの続くなかでの小旅行でしたが、やはり都会と比べて緑の多い町はだいぶ涼しく過ごしやすくて。
おそらく最後のマタ旅、ゆっくり良い思い出ができました。


f:id:aekam:20180805133335j:image

憧れの姫革細工♡

自分の昇格ほか産休でいろいろ一区切りついた記念。嬉しいなー。いつからおろそうかな

 

30w産休

30w、産休前の出勤最終日。規定上はまだ一週間ちょいあるけど、ちょうど夏休み時期だったこともありすこし前倒しで。

最終日までいろいろな人に「実感無いねぇ!」といわれ自分自身も全くそんな感じだったけど、関係者へのお礼メールを送ったり、机を片付けたり、送別ランチのお誘いをいただいたり(ありがたい)するなかでじわじわと実感。

終盤予想外の業務が急に舞い込んだりとバタバタすることもあったけど、ここまで大きな妊婦トラブルもなく無事に過ごせたことに感謝。

 

ありがたい事に本当に理解のある職場で、妊娠が判明してからは出張交代してもらったり柔軟に休みを取らせていただいたりとのびのび働かせていただいた。

妊娠の大敵はストレスといい、実際、嫌な気持ちを抱いている時には腹痛を感じたりするんだけど、少なくとも職場にいるときは全然そんな事はなかったので、ストレスフリーて過ごせていたという証拠だと思う。

でもそれに甘えるではなく、今年度の勤務期間は僅かだったけど自分のできる範囲で組織のための働きはできたと自負している。

大好きな職場、またここに戻ってこられますように。どうなるやら…。

 

f:id:aekam:20180719092928j:imagef:id:aekam:20180719092949j:image

 

最終日にいただいたお花、私をイメージして「凛とした母のイメージで」頼んでくださったそう(T0T そして素敵すぎるメッセージカードまで。嬉すぎて泣いちゃう(泣いた)

 

ここで働いて五年すこし、決して穏やかな道のりではなかったけれど、ラスト二年ほどの人に恵まれたありがたさよ。

お休みいただいてるし、ゆっくり休んで子を迎えよう~

 

26w-27w 心身不安定な

引き続きへろへろな日々。妊娠初期のつわり時期を思い出す身体の重さ…
夕方、仕事から帰宅後バタンキュー…したい身体を奮い立たせ、食事準備。頑張って食べて片付けると疲れはててしばし寝てしまう。そんな日々。

 

身体の疲れは心にもでる。
夫へのイライラが止まらない。自分にはなんの身体の変異も無いから自覚が湧かないんだろう、ちょっとは子供を迎える準備や情報収集したらいいのに…相変わらず家を散らかす、自分に甘い、注意力低い、etc.,etc.日頃の悶々がどんどん暗く重くつもる。
彼なりに優しくしてくれようとするのはわかるだけに自己嫌悪にも陥る。
家or職場から駅までの20分ウォークに疲れはてて電車乗る頃にはへろへろ。座れないと泣きそうになる…優先座席の意味のなさよ。たまに譲っていただけるとそれもまた泣きそうになる。

 

日中のよくわからない辛さが蓄積して夜、寝る前にひとりしくしく泣く。
まさか30過ぎてこんなひ弱な感じになるとは思わんかったよ!笑

 

しょうがない、全て妊婦ホルモンのやることだ。そう言い聞かせながら過ごす。

25w

7ヶ月に入った24wの頃から急にしんどさが増してきた。疲れやすい、しんどい、身体のリカバリー遅いetc... 安定期最終月?(´Д`)

そんな感じでしんどいのと40日↑もある有休消化のために柔軟に休暇取得中。

 

昨日は半日休みで1789を観に行った
f:id:aekam:20180608230907j:image

前方席なのもあって素晴らしかった。演者さんの熱意と歌と躍りの迫力に圧倒されて、見終わった後もドキドキした…

やっぱり舞台はいいなぁ。

 

 

翌日は1日休。久々にバーンタイでお昼いただいたあとは生後3ヶ月の息子さんがいる友人宅へ。


f:id:aekam:20180608231106j:image相変わらず美味!

自分の妊娠も報告できて喜んでもらえてよかった。子育ての話や趣味の話、社会情勢など幅広ーく話せてよい時間。中学からの付き合いで、バックグラウンドを共有してる友人って心地よい。

 

こんなことを言うと怒られるかもしれないけど、妊娠中で思うようにならない身体や諸々の制限、もしもの事態に向けた不安が常につきまとう日常や変わっていく体型などを思うと正直自分にとっては妊娠生活ってそこまで楽しめるものではなくてしんどいなぁと思う事の方が多い。

でもこうして喜んでもらえる友人や周りの人がいるとよかったなぁ頑張ろうと素直に思えるし前向きになれる。

人ってありがたいものです。